身体障害者手帳


Home > 身体障害者手帳 > 8.障害者手帳の医療費助成 東京 神奈川

8.障害者手帳の医療費助成 東京 神奈川

公開日 2014年9月1日


障害者手帳を持っている人が引越しする時に気になる引越し先の医療費助成の情報です。とりあえず、 東京 神奈川のみです。

1.引越し時の障害者手帳の住所変更は?

転居先の市区町村役場の担当窓口で障害者手帳の住所変更をしてもらいます。手帳と印鑑が必要です。その時に多分、医療費の助成や住民税の軽減について説明かしおりがもらえると思います。

2.障害者手帳の医療費の助成について

医療費の助成は各都道府県の助成に各市区町村の助成が追加されることがあるので引越し先の市区町村のサイトで確認してください。(キーワード:市区町村名 医療費助成 障害者)

下表は、概要であると同時に平成26年8月現在の情報です。正確な情報は、各市区町村で確認してください。

助成の対象となる医療費は、入院(精神障がい者を除く)及び通院です。所得制限があリます。

都道府県 対象者 助成の内容 各都道府県のリンク
東京都
  1. 身体障害者手帳1級、2級ヒト免疫不全ウイルスによる免疫・肝臓機能障害の内部障害のみ)
  2. 愛の手帳1度・2度
市区町村によって対象者を拡大している場合があります。
  1. 住民税課税者:1割(月額限度額 入院44,400円、通院12,000円)
  2. 住民税非課税者:負担なし
市区町村によって所得制限の緩和、自己負担額の軽減をしている場合があります。
東京都 心身障害者医療費助成制度(マル障)
神奈川県 注意!! 下記は、横浜市の場合です。
  1. 身体障害者手帳1級、2級
  2. 知能指数が35以下と判定された方
  3. 身体障害者手帳3級、かつ知能指数が50以下と判定された方
  4. 精神障害者保健福祉手帳1級
市町村によって対象者の範囲が違います。
横浜市の場合

負担なし

市町村によって違いがあります。
【広告】