身体障害者手帳


Home > 1.身体障害者手帳とは

1.身体障害者手帳とは

公開日 2012年11月5日、更新日 2014年7月15日

身体障害者手帳とは

障害者手帳は、障害の種類により身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳(表紙の記載は障害者手帳)の3種類があります。

障害者手帳

本項は、私の身体障害者手帳1級を取得した時の経験を基にしているので分かる範囲の身体障害者手帳のみ取り上げています。


身体障害者手帳は、「身体障害者福祉法」(注)に基づいたもので、一定の障害がある18歳以上の方に対して、都道府県知事から交付され、各種の福祉サービスを受けるために必要となるものです。

身体障害者手帳の等級により、受けられるサービスに差があります。また、各地方自治体により、受けられるサービスに差があります。

地方自治体によって予算に差があるから全国同等のサービスでないのは、やむをえないことですが、医療費助成の充実した市区町村はいいですね。


(注)身体障害者福祉法とは
この法律は、「障害者自立支援法」と相まつて、身体障害者の自立と社会経済活動への参加を促進するため、身体障害者を援助し、必要に応じて保護し、身体障害者の福祉の増進を図ることを目的としています。
【広告】