期外収縮(pvc)


Home > 期外収縮 > 4.期外収縮の診断

4.期外収縮の診断

公開日 2013年4月18日

期外収縮自体は、心電図に特徴的な波形が出るので診断は簡単に付くかと思います。
重要なのは、基礎心疾患の有無と悪性度を調べることです。

検査の種類

  1. 心電図(24時間連続心電図)

    通常の心電図は、30秒位しか計測しません。不整脈は、いつも出ているわけではなく計測した時にでていなければ異常なしとなります。
    期外収縮自体は、他の不整脈と比べて出現頻度が高く24時間ホルター型の心電図をとれば大抵拾えるようです。

  2. 運動負荷検査

    運動による期外収縮の増減などを調べます。

【広告】