期外収縮(pvc)


Home > 1.期外収縮とは

1.期外収縮とは

公開日 2013年4月17日、更新日 2014年7月17日

期外収縮自体は普通に良くある不整脈で健康な人でも期外収縮が現れます。自覚症状の有無と程度は人によりけりです。期外収縮が出てもまったく感じない人もいるようですし、私のように期外収縮を敏感に感じ違和感の程度も大きい人も結構いるようです。

治療が必要かどうかは医師が総合的な診療を経て判断しますから自覚症状が気になる場合や健康診断で指摘された場合は医師の診察が必要です。


期外収縮は、通常の心拍のリズムよりも早期に起こる心拍のことで、心臓を動かす電気信号が異常な場所から生じるために起こります。
心房および房室接合部付近から生じる期外収縮を心房性期外収縮および上室期外収縮といい、心室から生じる期外収縮を心室期外収縮といいます。

自覚症状が強く出るのは、先行する心拍のすぐ近くで起こる期外収縮です。一般に期外収縮の出現数が1日に数万発あるよりも、1日数百発から数千発程度の期外収縮の方が症状が強く出るようです。


私の場合は、胸の違和感が強いので24時間ホルター心電計で検査しました。期外収縮は、1日400回程度で回数が少ないのでたいしたことないといわれました。自覚症状は強いんですけどね。うーん。


期外収縮の起こる原因は、心筋梗塞や心筋症に起因するものの他、自律神経の異常によって起こることが多くあり、ストレス、飲酒、睡眠不足、疲労なども誘因になります。

【広告】