障害年金


Home > 障害年金 > 10.障害年金の申請体験談

10.障害年金の申請体験談

公開日 2013年1月9日

(1)障害年金3級の支給決定通知がもう届きました

障害厚生年金の申請をしてからわずか2か月で決定通知書(年金証書)が郵送で届きました。障害年金の申請後の期間は、もっとかかると思っていたので正直びっくりしました。

ネット上の情報では、半年くらいから1年間の期間がかかるようなことが書いてあったし、請求の書類を年金事務所に提出した時に3か月半くらいかかるようなことを言われていました。この3か月半という期間は、日本年金機構で定めている「サービススタンダード」の期間です。


耳慣れない言葉ですが、サービススタンダードとは、申請の受付から実際にサービス(ここでは障害厚生年金の給付を受ける権利の裁定)が受けられるまでの所要日数のことです。ちなみに、障害厚生年金の給付を受ける権利の裁定は105日(3か月半)以内、障害基礎年金では90日(3か月)以内とされています。


下表で見る限り障害基礎年金のほうは、サービススタンダードの3か月より概ね1か月は早くできています。
しかし、障害厚生年金のほうは、サービススタンダードの3か月半より大きく遅れH22年度は6か月近くかかっていました。
H23年度は改善されましたが、それでも4か月近くかかっていました。私のが2か月だったことからH24年度は大きく改善されただろうことが予想出来ます。で、H25年8月の資料を見たらH24年度も引き続き改善され、3か月半をきっていました。


遅延していた理由は、受給者の増加、年金記録問題への対応、H22年度途中で日本年金機構への移行があったことなどです。
民間の企業であれば、いい訳にはならないような理由ばかりです。官公庁の上層部には、もっともっとしっかりして欲しいものです。末端の出先機関や処理担当部門の職員は少ない人員で苦労していると思います。


障害年金の申請から支給決定までの期間

年度 平均所要日数
障害基礎年金 障害厚生年金
H18年度 53.5日 91.4日
H19年度 58.2日 101.3日
H20年度 62.4日 130.8日
H21年度 70.2日 158.1日
H22年度 60.1日 173.2日
H23年度 51.6日 114.1日
H24年度 ? 103.9日

第17回、第23回社会保障審議会日本年金機構評価部会資料より

(2)私の障害年金の申請手続きの記録

  1. H24年8月 ブルガダ症候群の診断及び心房細動の診断

    受診のきっかけは、胸に時々違和感があったことです。診断は、心房細動とブルガダ症候群でした。
    治療は、心房細動に対してはカテーテルアブレーション、ブルガダ症候群に対してはICDの植込みです。

  2. H24年9月 ICD植込み手術及びカテーテルアブレーション手術

    ICD植込みが障害厚生年金3級に該当します。
    ICD植込みとは別にブルガダ症候群や心房細動などで障害等級に値する障害状態であれば1級や2級の障害年金が受給できます。
    私の場合、ICD植え込みで3級が確定したようです。
    心房細動でけっこう日常生活に支障があるのだけれど、診断書では、2級に該当する程度ではありませんでした。

  3. H24年10月 社会保険事務所にて請求用資料をもらう

    障害厚生年金の年金請求書は、お近くの年金事務所または街角の年金相談センターの窓口で、障害基礎年金の年金請求書は、市区町村役場、または、お近くの年金事務所または街角の年金相談センターの窓口でとなります。

  4. H24年10月 病院にて診断書を作成してもらう

    年金事務所等でもらった障害年金所定の診断書を病院にもって行き診断書の作成を依頼します。

  5. H24年10月 病歴(就労状況等)申立書を作成

    年金事務所等でもらった病歴(就労状況等)申立書に診断書との整合性が取れるように注意して作ります。

  6. H24年10月 住民票・戸籍謄本等をとる
  7. H24年10月 退院してから約2週間後 障害厚生年金請求の書類一式を提出

    いよいよ障害厚生年金請求の書類一式の提出です。窓口で書類のチェックをしてくれますが、書いてる内容まではチェックをしてくれませんでした。
    ここに至るまでの間に1回年金事務所に相談に行きましたが、その時は、障害年金に詳しい方がいらっしゃって細かいテクニック的なところを教えてくれました。
    提出時は、見習いの方だったので余計なことを聞くのはやめました。

  8. H24年12月 提出後2か月強で年金証書(年金決定通知書)が郵送される

    余りの早さにびっくりです。障害厚生年金の申請後の期間はサービススタンダードの3か月半では到底無理と思い込んでいましたので。

(3)感想など

決定の通知が早かったので良かったです。書類の不備などがあるかと思っていましたから問題がなかったことにもほっとしています。

障害年金の振込みは偶数月に2か月分まとめて振込まれます。・・・2月に5か月分で後は偶数月に2か月分ずつ。H27年に再度診断書を提出しないといけないのが面倒ですが、やむを得ません。

この記事を読まれた方へのおすすめ記事
  1. 障害年金の申請−1.準備段階
【広告】