Home > 免責事項

免責事項

更新日 2012年11月4日

サイトの利用は、ご自分の責任で!

このページでは、あなたが本サイトを利用するにあたって、最低限理解していただかねばならない事柄について、説明しています。

  1. 本サイトは、あなたに対して何の保証も責任も負いません。
  2. あなたが、本サイトを利用(閲覧、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。
  3. コンテンツとして提供する全ての文章、画像について、内容の合法性・正確性・安全性等あらゆる点において保証しません。
  4. リンクをしている外部サイトについて、何ら保証しません。
  5. 本サイトで得た情報は、いかなるものであれ、独自検証することなしに信頼しないでください。
  6. 本サイトには医療に関する記事が含まれていますが、いかなる記事もその正確性はまったく保証されません。
  7. 本サイトには法に関する記事が含まれていますが、いかなる記事もその正確性はまったく保証されません。
  8. 事前の予告無く、コンテンツの提供を中止する可能性があります。

サイトの概要

わたしは、一般民間人です。医療関係者でも公務員でもありません。
病気らしい病気になった事の無い私に、ある日を境に胸部不快感が発生しました。医師の診療を受け、私の知らない病気が複数発見され、入院、検査、手術をしました。

本サイトは、私のかかった心房細動とブルガダ症候群のことをメインにして、それら病気の情報とカテーテルアブレーションとICD植え込み手術の体験記録、身体障害者手帳1級の申請、障害年金の請求手続きのこと、医療保険の賢い利用方法や障害者への公的な助成制度などの情報を記載しました。特に障害年金は、官の発信する情報が不足しているため、また、年金制度が複雑なため自分だけで請求手続きを考えている人は、苦労すると思います。

万一の時のセーフティーネットとしての年金制度・医療保険ですが、網の目が粗くいざ必要という時に網の目からこぼれ落ちてしまい役に立たないことがあります。いざという時に守られるように年金保険料の納付または、免除申請の大切さなどを特に伝えたいと思いました。