医療保険(共済)


Home > 医療保険(共済) > 7.医療保険のランキングは、当てにならない

7.医療保険のランキングは、当てにならない

公開日 2013年3月12日、更新日 2014年7月12日

医療保険のランキングは、誰のためにあるのか

私は、買い物をするときに、とりあえずネットでランキングを見て参考にしています。
主に見るのは楽天やアマゾンや価格ドットコムです。そこで、価格の安い順に並べて買い物の参考にします。
気になる商品があれば、その会社のホームページで商品内容を調べます。

ほかの商品ランキングのホームページはまず見ません。
ネット上には医療保険を含めて様々な商品のランキングページがありますが、ランキング調査の出典元など書いてなければ順位はまったくあてになりません。
ランキングはランキングサイト運営者の利益のためにあります。

ランキングといえば、人気のある順や売れている順と普通には思われていますが、ネットにあふれているランキングは、多くが販売会社からの報酬が多い順だと思われます。ランキングの出典元や調査方法が書かれていれば正しいランキングです。

医療保険はどうやって選べばいいのか

保険商品は、自分の欲しい保険内容のものを選び出してから一番安い保険料の保険商品が良いです。
よく言う「あなたにぴったりの保険」を選んでから保険料を比較して決めるのがいいんです。

医療保険(民間)のかけかたで書いたようにむやみに高い給付金を望んで高い保険料を払うより、最低限必要な保険に入り、給付金で不足する分は貯蓄から工面する形がいいと思います。
貯蓄が十分あるなら医療保険に入る必要はありません。

自分的には、入院日額5千円で手術給付金が多い所が好きです。貯蓄があれば入りません。
保険料を貯蓄するか他のものに回します。その方が機能的と考えています。

【広告】