ブルガダ症候群


Home > ブルガダ症候群 > 11.ICD定期健診2回目&自動車免許の許可2回目 体験談

11.ICD 定期健診2回目&自動車免許の許可2回目 体験談

公開日 2013年4月9日

ICDの植込み手術後6か月が過ぎました。前回の定期健診から2か月経ち、病院から2回目の定期健診のはがきが来きました。
健診前にICDのデータを家庭に設置したモニタリングの装置で吸い上げて送信するのは前回と同様です。

(1)最近の体調など

前回定期健診以後の心臓の調子は、可もなく不可もなくといった調子です。
心臓の違和感の原因は、期外収縮だということもわかり、治療するほどのものではないと前回言われてからなんとなくあきらめの感じですごしていました。
不調に慣れてきたようです。よくするにはどうしたらいいとか、どんな風に具合が悪いとか考えなくなってきました。

とは言っても、期外収縮時の違和感は結構長時間続きます。
前のように1週間以上続くことはなく、2日ほどで治りますが1日から2日ほどでまたでてきます。
寝ているより座ってパソコンに向かっている方が楽です。普通のスピードで歩くのはもう無理です。まだ50歳代後半なんですけどね。

お医者さんが「生活の質が落ちてるようなら治療(カテーテルアブレーション)をもう1回やりますかという主旨のことをおっしゃられました。
えっえっ、こないだと言ってることが違うぞ。もう治療はあきらめていたので、Yesの即答が出来ませんでした。
間を空けても大丈夫との事なので、しばらく様子を見させてもらうことにしました。

(2)ICD定期健診で検査したこと

  • 胸部X線
  • 心電図
  • お医者さんの問診と病院の臨床技師さんによるICDのデータの吸い上げとそのデータをお医者さんへ報告。

    診察室にはお医者さんの他に技師さん、ICDメーカーの社員がいます。

(3)ICD定期健診の体験談

前と同じく何をしてるのか、心臓のデータの記録がどうなのかさっぱりです。
健康診断のときにもらう結果表のようなものをくれるとありがたいナーと思っていたんですけどお医者さんに言うの忘れました。
技師さんが9連発と報告していたけど問題ないようです。運転免許継続のための診断書を作ってもらいました。

(4)警察署に診断書を提出

今回の担当者さんは、何が何やらさっぱりという感じで診断書とにらめっこ状態になってしまいました。
ICD装着時の運転免許について概要を教えて診断書を受領してもらってきました。

この記事を読まれた方へのおすすめ記事

  1. 障害年金の申請体験談
  2. 医療保険 体験談 入っていてよかった
  3. 身体障害者手帳申請の体験談
  4. ICD(植込み型除細動器)植込み後の自動車免許
【広告】