心房細動(af)


Home > 心房細動 > 2.心房細動の症状

2.心房細動の症状

公開日 2012年11月2日、更新日 2014年7月11日

心房細動では、次のような症状が出ます。

  1. 心臓のリズムが不規則になるため脈も不規則になり動悸や胸に違和感・不快感を感じます。
  2. 血液の供給量が2割ほど不足するため息切れを起こしやすくなります。
  3. 心臓に病気がある場合はむくみ・呼吸困難等の心不全の症状が出やすくなります。
  4. 心房細動中は、心房内の血液の流れも淀みがちになり、血の塊が出来やすく、それが脳の血管で詰まると脳梗塞を起こします。

私の場合は、いくつか山場があって途中で回復するか真っ暗になる所まで行くパターンでした。
最初に胸の違和感が強くなり、次に脈が不規則になる、次に心臓が逆流しているような感じがして、次に目の前が真っ暗になり始め、そこでも収まらない場合は、真っ暗になりました。歩いている場合は、立ち止まり、近くに椅子があれば座るようにしていました。幸い、意識がなくなる事態はありませんでした。

胸の違和感は短い時は数時間、長い時は数週間続きました。調子が良い時は、まったくなんでもないんですが、こんな感じが続いていました。

【広告】